ブルフェンの副作用〜男性

基本的にはリウマチの薬だけど

日本は、関節リウマチや関節痛で悩む男性が増えています。
関節リウマチは、免疫の異常などによって、関節に痛みや腫れが出ます。

 

ニキビに処方される薬でもあります。

 

特に多いのが、手首や手足の指の関節です。
症状が悪化すると、関節が変形してしまうこともあるので、注意が必要です。

 

 

ブルフェンは、関節リウマチや関節痛の治療に使われる薬です。
ブルフェンは、炎症を抑える効果、鎮痛効果、解熱効果があり、副作用が少ない治療薬です。

 

 

ただ、対症療法薬であるため、痛みや熱の原因そのものを治すというわけではありません。
ブルフェンは、食後に水で服用します。

 

 

成人は、1日600mgを3回に分けて服用します。
空腹時の服用は避けた方がいいのですが、どうしても服用する場合は、牛乳を飲むなどして胃の負担を軽くするようにします。

 

 

関節リウマチの場合は、2週間から4週間くらい服用することもあります。
ブルフェンの副作用の中で最も多いのが、胃痛や腹痛など胃腸の症状です。

 

 

リウマチの治療で長期間服用する場合は、定期的に胃や腎臓、肝機能の検査を受けた方が安心です。
人によっては、発疹が出るケースもあるので、アレルギーがある人は注意する必要があります。

 

 

ブルフェンを服用して体に異常が出た場合は、すぐに使用を中止して、医師の診断を受けた方がいいです。

関連ページ

ディフェリンゲルの副作用
男性のディフェリンゲルの副作用について説明しています。
ビブラマイシンの副作用
男性へのビブラマイシンの副作用について説明しています。
クリンダマイシンゲルの副作用
男性におけるクリンダマイシンゲルの副作用について説明しています。
ミノマイシンの副作用
男性のミノマイシン副作用について説明しています。
ダラシンゲルの副作用
男性ニキビへのダラシンゲルの副作用について説明しています。
アクアチムクリームの副作用
男性ニキビ治療で使われるアクアチムクリームの副作用について説明しています。
スタデクリームの副作用
男性ニキビでも使うスタデクリームの副作用について説明しています。