アクアチムクリームの副作用〜男性

ニキビによる赤みではないもの

男性のニキビ治療に、アクアチムクリームが処方されることがあります。

 

必要以上の皮脂分泌は、男性ホルモンによるものです。
男性ホルモンが原因となって過多に分泌された皮脂をエサに、アクネ菌が増殖、そこへ加えてブドウ球菌などの細菌が入り込み、酷く炎症を起こしている場合、膿を持っているような場合に、処方されることの多い薬がアクアチムクリームです。

 

 

アクアチムクリームは、ニューキノロン系の抗生物質です。細菌が増殖する際にDNAのコピーを繰り広げますが、ニューキノロン系の抗生物質は、細菌のDNAコピーを阻害し、増殖できなくします。

 

 

殺菌抗菌作用があり、ニキビの原因となるアクネ菌を死滅させます。
アクネ菌だけではなく他の細菌による炎症の悪化を防ぐため、化膿を防ぎ、沈静化させる働きがあります。

 

 

 

男性にあらわれるアクアチムクリームの副作用として、赤み、かゆみ、ほてりなどの刺激感が挙げられます。
ニキビによる赤みではない副作用が見られた場合、医師に相談します。

 

 

また、抗生物質の特性として、長期間にわたって使い続けたり、大量に使用したりすると、細菌に耐性がついてしまい、薬が効かなくなってしまう場合があるため、用法・用量を、正しく守る必要があります。

 

関連ページ

ディフェリンゲルの副作用
男性のディフェリンゲルの副作用について説明しています。
ビブラマイシンの副作用
男性へのビブラマイシンの副作用について説明しています。
クリンダマイシンゲルの副作用
男性におけるクリンダマイシンゲルの副作用について説明しています。
ミノマイシンの副作用
男性のミノマイシン副作用について説明しています。
ダラシンゲルの副作用
男性ニキビへのダラシンゲルの副作用について説明しています。
ブルフェンの副作用
男性ニキビ治療薬ブルフェンの副作用について説明しています。
スタデクリームの副作用
男性ニキビでも使うスタデクリームの副作用について説明しています。