ミノマイシンの副作用〜男性

充分な量の水と服用するよう指示があります。

男性ホルモンにより、過剰な皮脂が分泌されることが原因のニキビに、ミノマイシンという飲み薬が処方されることがあります。

 

 

ミノマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質で、細菌が増殖するのを抑える働きがあります。ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑制して、炎症や化膿を改善する薬なので、膿を持つ、重度のニキビの際に処方されます。

 

 

医師から処方された際には、きっちりと服用し、処方された薬を飲み切る必要があります。
これは、一旦抑えられたように見えても、完全に除菌されずに残った菌が、再び増殖し、抗生物質の効かない耐性菌を産むことを予防するためです。

 

 

 

ミノマイシンは、アクネ菌だけでなく、幅広い種類の細菌に効果がある一方、体内の大腸にいる、善玉菌などの良質な菌を殺してしまうことから、大腸炎(腹痛、下痢、血便、下血など)の副作用の報告もあります。

 

 

また、とても強い作用を持つため、アナフィラキーショック (じんま疹、全身の発赤)も、副作用として報告されています。
加えて、食欲不振も副作用として挙げられます。

 

 

ミノマイシンを服用すると、食道や胃が荒れることがあるため、充分な量の水と服用するよう指示があります。

 

 

ミノマイシンは、内服薬で、強い副作用がありますので、
まずは外用薬の塗り薬から始めてニキビの様子を見たい場合などは、医師に相談してください。

 

 

胃腸が荒れれば、新たなニキビや吹き出物の原因になります。

 

関連ページ

ディフェリンゲルの副作用
男性のディフェリンゲルの副作用について説明しています。
ビブラマイシンの副作用
男性へのビブラマイシンの副作用について説明しています。
クリンダマイシンゲルの副作用
男性におけるクリンダマイシンゲルの副作用について説明しています。
ダラシンゲルの副作用
男性ニキビへのダラシンゲルの副作用について説明しています。
アクアチムクリームの副作用
男性ニキビ治療で使われるアクアチムクリームの副作用について説明しています。
ブルフェンの副作用
男性ニキビ治療薬ブルフェンの副作用について説明しています。
スタデクリームの副作用
男性ニキビでも使うスタデクリームの副作用について説明しています。