クリンダマイシンゲルの副作用〜男性

大腸炎になる?

クリンダマイシンゲルは、男性ホルモンの過剰分泌による皮脂が原因の、ニキビ治療に処方される薬です。
外用抗生物質で、皮膚に塗布することで、菌の繁殖を抑制する効果があります。

 

 

男性ホルモンにより、皮脂が過剰に作られ、それをエサとし、アクネ菌、ブドウ球菌が大繁殖し、膿を持つ炎症のあるニキビ、大きく赤く腫れたニキビなど、ニキビが重症化した際にクリンダマイシンゲルが処方されます。

 

 

男性にあらわれるクリンダマイシンゲルの副作用として、一点、重い副作用が報告されており、それは、「大腸炎」です。

 

 

激しい腹痛、下痢、発熱、血液便、下血の症例が報告されています。クリンダマイシンゲルは、非常に高い殺菌効果があり、ゲルを誤って唇などの粘膜に塗ってしまった場合、体内の大腸に生存する善玉菌と呼ばれる大腸菌まで殺菌してしまうためとされています。

 

 

大腸炎という重い副作用のほか、軽微な副作用として、ローションの塗布時に刺激を感じたり、かゆみ、発赤、かぶれなどが起きるという報告があります。

 

 

また、一般的な抗生物質と同様、長期の使用により、耐性を持つ菌が現れ、薬が効かなくなる場合があるため、4週間使用して効果のない場合は、使用を中止することが求められています。

 

関連ページ

ディフェリンゲルの副作用
男性のディフェリンゲルの副作用について説明しています。
ビブラマイシンの副作用
男性へのビブラマイシンの副作用について説明しています。
ミノマイシンの副作用
男性のミノマイシン副作用について説明しています。
ダラシンゲルの副作用
男性ニキビへのダラシンゲルの副作用について説明しています。
アクアチムクリームの副作用
男性ニキビ治療で使われるアクアチムクリームの副作用について説明しています。
ブルフェンの副作用
男性ニキビ治療薬ブルフェンの副作用について説明しています。
スタデクリームの副作用
男性ニキビでも使うスタデクリームの副作用について説明しています。