ビブラマイシンの副作用〜男性

内蔵の問題

男性の肌トラブルの中で最も多いのがニキビです。
ビブラマイシンは、ニキビ治療に使われる治療薬です。

 

 

ビブラマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質が主成分となっています。
抗菌作用があるので、様々な細菌の感染症や重症のニキビ治療に使われることが多いです。

 

 

ビブラマイシンは、細菌のタンパク質合成を阻害し、増殖を抑えます
ニキビ治療では、アクネ菌の増加を抑えて、炎症を鎮めます。

 

 

ニキビの原因となるアクネ菌が毛穴の中で繁殖すると、炎症が起こります。
ビブラマイシンは、アクネ菌を死滅させ、ニキビの悪化を防ぎます。

 

 

早めに治療することで、色素沈着などのニキビ跡も防ぐことができます。
ビブラマイシンは、主に化膿したニキビなど重症のニキビに使用されます。

 

 

ビブラマイシンは、1日1回から2回、食後に服用します。
ビブラマイシンは、腸内細菌のバランスを崩すので、下痢や腹痛などの副作用が出ることがあります。

 

 

また、胃腸の粘膜に刺激を与え、胃もたれや食欲不振が起こることもあります。
その場合、胃を保護する薬を処方してもらえます。

 

 

稀なケースとして、かゆみが出るケースもあります。
かゆみや湿疹などの副作用が出た場合は、すぐに薬の使用を中止して、医師に相談することが大事です。
"

 

関連ページ

ディフェリンゲルの副作用
男性のディフェリンゲルの副作用について説明しています。
クリンダマイシンゲルの副作用
男性におけるクリンダマイシンゲルの副作用について説明しています。
ミノマイシンの副作用
男性のミノマイシン副作用について説明しています。
ダラシンゲルの副作用
男性ニキビへのダラシンゲルの副作用について説明しています。
アクアチムクリームの副作用
男性ニキビ治療で使われるアクアチムクリームの副作用について説明しています。
ブルフェンの副作用
男性ニキビ治療薬ブルフェンの副作用について説明しています。
スタデクリームの副作用
男性ニキビでも使うスタデクリームの副作用について説明しています。