ディフェリンゲルの副作用〜男性

8割の人に副作用が現れる薬

ディフェリンゲルの主成分である、アダパレンという成分は、角質を取り除く強い効果を持っており、皮脂分泌の多い男性のニキビ治療に処方されることの多い薬です。

 

 

角質を取り除く効果で、ニキビの原因となる角栓を取り除き、毛穴を綺麗にし、劇的な効果があるとして、「ニキビの特効薬」と呼ばれ、2008年に日本で保険適用になりました。

 

 

アダパレンは、肌の一番上にある角質層を剥がす、ピーリングの作用を持っています。このピーリングの作用から、肌に刺激を感じ、赤みが出たり、強い乾燥を感じるなどの副作用があります。肌のバリア機能が一時的に失われるため、保湿をする化粧水なども、刺激の無いものを選ぶ必要があります。

 

 

切り傷、擦り傷、湿疹には塗らない、眼の周囲・唇・小鼻には塗らない、という注意書きがある、刺激の強い薬です。

 

 

ニキビ治療に絶大な効果がある一方、使用者の約8割に、「乾燥」「刺激」「ヒリヒリ感」という副作用が出たという報告があります。

 

 

これらの副作用が出る期間は、使用し始めてから3日後から現れ、約1ヶ月ほどで落ち着きます。この約1ヶ月というのは、肌が新しい角質に生まれ変わるまでに、ターンオーバーの周期として28日を要するからです。

 

 

正常で健康な表皮に生まれ変わる頃に、副作用は収まります。

 

 

8割の人に副作用が現れる薬とされているので、副作用とつきあいながら、経過観察をして治療にあたる必要のある薬と言えます。

 

 

関連ページ

ビブラマイシンの副作用
男性へのビブラマイシンの副作用について説明しています。
クリンダマイシンゲルの副作用
男性におけるクリンダマイシンゲルの副作用について説明しています。
ミノマイシンの副作用
男性のミノマイシン副作用について説明しています。
ダラシンゲルの副作用
男性ニキビへのダラシンゲルの副作用について説明しています。
アクアチムクリームの副作用
男性ニキビ治療で使われるアクアチムクリームの副作用について説明しています。
ブルフェンの副作用
男性ニキビ治療薬ブルフェンの副作用について説明しています。
スタデクリームの副作用
男性ニキビでも使うスタデクリームの副作用について説明しています。