ニキビ処方薬の副作用

ニキビ処方薬の副作用

ニキビ処方薬の副作用についての専門記事をまとめています。

男性に使われるニキビ処方薬の副作用まとめ記事一覧

ディフェリンゲルの主成分である、アダパレンという成分は、角質を取り除く強い効果を持っており、皮脂分泌の多い男性のニキビ治療に処方されることの多い薬です。角質を取り除く効果で、ニキビの原因となる角栓を取り除き、毛穴を綺麗にし、劇的な効果があるとして、「ニキビの特効薬」と呼ばれ、2008年に日本で保険適用になりました。アダパレンは、肌の一番上にある角質層を剥がす、ピーリングの作用を持っています。このピ...

男性の肌トラブルの中で最も多いのがニキビです。ビブラマイシンは、ニキビ治療に使われる治療薬です。ビブラマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質が主成分となっています。抗菌作用があるので、様々な細菌の感染症や重症のニキビ治療に使われることが多いです。ビブラマイシンは、細菌のタンパク質合成を阻害し、増殖を抑えますニキビ治療では、アクネ菌の増加を抑えて、炎症を鎮めます。ニキビの原因となるアクネ菌が毛穴の...

クリンダマイシンゲルは、男性ホルモンの過剰分泌による皮脂が原因の、ニキビ治療に処方される薬です。外用抗生物質で、皮膚に塗布することで、菌の繁殖を抑制する効果があります。男性ホルモンにより、皮脂が過剰に作られ、それをエサとし、アクネ菌、ブドウ球菌が大繁殖し、膿を持つ炎症のあるニキビ、大きく赤く腫れたニキビなど、ニキビが重症化した際にクリンダマイシンゲルが処方されます。男性にあらわれるクリンダマイシン...

男性ホルモンにより、過剰な皮脂が分泌されることが原因のニキビに、ミノマイシンという飲み薬が処方されることがあります。ミノマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質で、細菌が増殖するのを抑える働きがあります。ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑制して、炎症や化膿を改善する薬なので、膿を持つ、重度のニキビの際に処方されます。医師から処方された際には、きっちりと服用し、処方された薬を飲み切る必要があります...

ダラシンゲルは、ニキビ治療に用いられる抗生物質で、主成分は、クリンダマイシンです。クリンダマイシンは、リンコマイシン系の抗生物質で、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えることができる薬です。男性のニキビの原因は、皮脂と言われています。男性ホルモンの影響で、皮脂の分泌が過多になり、その皮脂をエサにアクネ菌が増えます。クリンダマイシンは、細菌のタンパク合成を阻害する働きを持っているため、アクネ菌の増...

男性のニキビ治療に、アクアチムクリームが処方されることがあります。必要以上の皮脂分泌は、男性ホルモンによるものです。男性ホルモンが原因となって過多に分泌された皮脂をエサに、アクネ菌が増殖、そこへ加えてブドウ球菌などの細菌が入り込み、酷く炎症を起こしている場合、膿を持っているような場合に、処方されることの多い薬がアクアチムクリームです。アクアチムクリームは、ニューキノロン系の抗生物質です。細菌が増殖...

日本は、関節リウマチや関節痛で悩む男性が増えています。関節リウマチは、免疫の異常などによって、関節に痛みや腫れが出ます。ニキビに処方される薬でもあります。特に多いのが、手首や手足の指の関節です。症状が悪化すると、関節が変形してしまうこともあるので、注意が必要です。ブルフェンは、関節リウマチや関節痛の治療に使われる薬です。ブルフェンは、炎症を抑える効果、鎮痛効果、解熱効果があり、副作用が少ない治療薬...

スタデクリームは皮膚炎・湿疹・ニキビ等の治療で処方される事のある、抗炎症薬の1つです。非ステロイド系である事、対処療法的な作用をする薬剤である事からその効果は穏やかであり、比較的軽い炎症である時・ステロイドを使い難い場所に症状が出ている時に良く用いられます。気になるのは副作用ですが、塗った部分に刺激感や熱っぽい感じを齎す事があります。但しこの作用については一過性のものである為、基本的には心配があり...